70のダイエット習慣「忙しい日こそ!」篇 キレイを忘れずに暮らそう。 キレイ習慣は、いつもの暮らしの中でこそ長く続けられるもの。

58 膝を曲げずにゴミを拾う。テーブルを拭く。

ゆるり度:みっつ

(1)「きれい好きは例外なく美人」の法則

あなたが一日のうちで一番長い時間を過ごす場所、たとえば仕事場、学校、キッチン…。こうした場所の毎日の掃除はどうしていますか? 決まった時間にみんなで? それとも気付いた人が?

1日を過ごすと、どうしたって床にはいくつものゴミが落ちているもの。こういうとき、美しく聡明なダイエッターだったらどうするかしら?

そりゃあもちろん、ゴミを拾って近くのゴミ箱に捨てる、に決まりだね。

そのとおり。

いつか聞いた誰かの詩に「トイレをピカピカに磨く人は、玉のような子供を産む」という意味のフレーズがありましたっけ。

「誰かのために」と尽くせる人は、心もカラダも清らか。床のゴミをサッと拾える人も、きっと素敵な人。

自分のためだけではなく「人のために」と磨くことができるからでしょうか。

1/4