70のダイエット習慣「すきま時間で。」篇 すきま時間でキレイになろう。 いちにち、たった3分。“キレイ”はがんばらなくていいんです。

13 目の次に目立つのが口元。美しい歯を維持する。

ゆるり度:みっつ

(1)1日3回3分間

歯は大切です。なぜって…

・しっかりと食べ物を噛むことで、脳に良い刺激を与えられます。

・食べ物が消化されて栄養に変わりやすくなります。

・満腹感を感じて適量がわかります。食べ過ぎが防げます。

・良い咬み合わせは骨格のバランスを保ちます。

・良い歯並びが笑顔をステキにします。

・歯の白さがお顔に清潔感をもたらします。

美容、健康、仕事や勉強、私たちの毎日の活動に、歯は深い関係をもっています。

ところが日本人の成人のうち、なんと約80%が歯槽膿漏なのだそう。放置すると歯の土台がもろくなって、歯が抜けてしまう歯槽膿漏は、正しく磨けていないのが一番の原因です。いつも清潔に保って、歯を丈夫に長持ちさせましょう。

ところで歯みがきは1日に何回? 歯を長持ちさせるための合い言葉は「1日3回、3分間」。

歯医者さんによると「1日3回」は「食べたら磨こうね」、「3分間」は「汚れがなくなるまでじっくり」の意味です。食後のお茶が終わっておなかが落ち着いたら、歯磨きセットを持って洗面所へ行くことを習慣にしましょう。

ごはんをたべたら、いつも?

そうそう、毎食後。ダイエットして、キレイになって、健康でいたかったら、それくらいは、当たり前にしなくちゃあいけません。

でも確かに面倒なところもあるかな。

それじゃあ、いつもどこでも歯磨きしたくなるように道具を揃えましょう。正しい歯磨きのための「歯磨きセット」をご紹介しますよ。

1/4